好奇心の、その先へ。

2019年5月、世界一周仲間と行ったミャンマーの朝日

こんにちは!
料理と旅と映像が好きで
世界二周目の旅に出かける事にしたレベッカです。


このブログは、特に何の取り柄も無いただの田舎者女子が
世界を夢見て翻弄するエッセイブログです。

このブログで伝えたい事は3つ。

  • 熱意と行動力さえあれば、出来ない事なんて無い。
  • 前向きな心さえあれば、どんな出来事だってプラスに出来る。
  • 自分の可能性と、周りの人を信じる事が、想像もし得ない良い方向に人生持っていってくれる

この3つです。

お金を理由に諦めていた

19歳で初めて海外に行った。
たったの2ヶ月だけど、
自分の概念がガラッと変わった。
もっと見たことない景色を見てみたい。


でも、
仕事はいつも契約社員だし、
時給760円、ボーナスなし。
突然、明日は休みねって、仕事減らされる。
海外どころか日々の生活もままならないくらい
お金に困っていた。

お風呂も毎日入れないし、
真冬に暖房を焚く余裕がなくて
毛布にくるまって夜を過ごした。

だから
もう一度海外に行きたいなんて
夢のまた夢だと思い込んでいた。

たくさん失敗して、気がついた


もっとお金稼ぎたくて、いろんなことに投資をした。
料理教室、プログラミング、
ライティング、アフィリエイトの勉強も。

それだけじゃ足りなくて、
夜の仕事をしてお金を稼いだ。

お金を増やしたくて
変な投資話に乗っかって、大金を失ったりもした。

いろいろ失敗もして、30歳になって、ふと気がついた。


いつも、お金がないことを理由に諦めてる。
もっとお金があれば、行けるのに。
もっと収入源があれば、困らないのに。

これじゃいつまで経っても自分の夢は叶えられない。


それじゃあ、今、行こう。

世界は広い。日本の中に居たら絶対知れないことも、きっとたくさんあるはず。

「今が人生で一番、若いんだから。」
「いつから海外行きたがってるの?
今行かないで、5年後も後悔してるんじゃないの?」

確かに。多分私、今のまま5年経ったら、後悔しそうだ。
それじゃあ、今すぐ日本を飛び出そう。

トントン拍子で海外に行く手筈が整った。
荷物は婚約者が預かってくれることに。
宿代も、現地の人のお家に泊まれるサービスがあることを知った。
それなら私でも行けるかも。

必要なのは、「行きたいという気持ち」だけだったんだと思った。


途中、婚約者から婚約破棄されたり、
いろいろあったけど、
それでも、今行かないと後悔する。
結婚して子どもが生まれる前に、いきたいところ全部行ってやる。

熱意と行動力さえあれば、出来ない事なんて無い。

前向きな心さえあれば、どんな出来事だってプラスにできる。

そんな事をこのブログで伝えられたら
こんなに嬉しい事はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です