海外のアダルトショップが凄かった

こんにちは、オーストラリアでホームステイしている、旅するレベッカです。
先日のお休みにお洒落な港街に行ってきたんですが、

駅の真ん前に【アダルトショップ】があったんです!!

何故駅前にアダルトショップが?

旅するレベッカ
旅するレベッカ

え! こんな駅前に
アダルトショップ。。
でも興味ある。。!

性に対してオープンな国オーストラリア

入ってみる事にした

日本でもそう言うお店に入った事ないのに、外国にいる今しか入れない! と言う好奇心から入ってみることにしたのです。。

でもね、、

お店に入ると、おじいちゃんの店員さんがっっ!
これじゃ集中して見れないジャン! でも何とか中を見たい!
と言う事でカメラを回しながらGO!!

バックパックマウントが役立った

普通に手に持ちながら入ると気まずいので、リュックに付けるクリップマウントを使いました。これ本当に万能で、買い物してる時とか町歩きの様子を撮れるのでオススメです。

さて、実際売っているモノは?

実際に売ってるモノの表示がありました。

  • Marital Aids (夫婦の援助)
  • Adult Mags (大人のマグ?)
  • Novels DVD’s (官能小説、AV)
  • Toys Lingerie (おもちゃ、下着)



おおおお!
何だかよくわからんけど面白そう!!


多岐にわたる商品。。

まず店内はこんな感じ。
左:女性同士のカップルが使うやつですね。。右:なんかクリームみたいなのでした。
バイブも大小様々なサイズがっ!!
色も種類もデザインも豊富すぎるっっ!
下着もありました。

おじいちゃん店員さんのせいで集中できなかった

後ろにおじいちゃんスタッフさんが座っていて、私は終始彼の視線を感じながら店内を見ました。。滞在時間わずか1分。。ざっと見るだけで終わってしまいました。これも私がチキンだったから。。悔しい! もっと値段とか隈なく見たい所だったのに!!

また別のアダルトショップを探します

今回で味をしめた筆者は、多分次のお店に入る時は既に耐性が出来ていると思われ。次に見つけた時は大いに見学するといたします!


一緒に使ってくれる相手が欲しいものですね。。笑

ではでは、アデューーーーヾ(o゚ω゚o)ノ゙

Rebecca

1989年7月生まれ、B型。
某料理教室を退職後、世界一周の船旅へ。
帰国後は料理教室やヴィーガンフード販売、ヴィーガン社食などを手掛ける。
もっと自給自足の生活を学ぶため、オーストラリアで農業を学ぶ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です