外国人にSUSHIを振る舞いたい! 海外で作るお寿司レシピ

外国人さんはサーモンが大好き。

こんにちは。
オーストラリアの西の都会、
パースに戻ってきて、

農作業の服装と違って
みんなお洒落なのに気づき
急いで服を買いに走ったレベッカです。

外国人の方に人気な和食といえば…



外国人の方に人気な和食といえば
やっぱり「SUSHI」!!!

結構な確率で、
「あなたの国の料理を作って」
と言われるものなんです。

そう言う時にちゃちゃっと
作れたらめちゃくちゃかっこいい!


と言う事で、今日は海外のスーパーで
手に入るものでお寿司を作ろう!編です

海外でもメジャーなジャバニーズ

意外な事に海外のスーパーには
「 International(海外料理)」の
コーナーが必ずと言って良いほどあります。


特にオーストラリアではその辺のスーパーに
常駐されています。


Coles(日本の西友のような安さ)
Woolworth(日本の東急ストアのような)

SUSHI作ってよ!と頼まれる

unknown
unknown

レベッカ。
明日は和食を作ってくれない?
なんでも良いよ。材料一緒に買いに行こう。

Oh イエー!
もちろん!!

旅するレベッカ
旅するレベッカ

とはいえ寿司だったら生の刺身とか
なかなか売ってないしな、、
どうしよう…

旅するレベッカ
旅するレベッカ

外国人の望む寿司とは

意外な事に、トラディショナルは
日本のお寿司は海外ではあまり
流通していません。

日本人の経営する和食レストランだと
食べられるお店もありますが、

国によっては生魚はあまり手に入らない模様。
でも、至るスーパーで、カリフォルニアロールや
アボカドが入っていて
マヨネーズをトッピングされたやつとか

海外風にアレンジされたものが
多く出回っています。

トラディショナルなお寿司が好きな私には
別物としか思えません、、

お寿司作ってみよう

お米はどうする??

売り切れてたお米やっと売ってた! 350円くらい

海外のお米や粘り気が少なくて
海苔にくっついてくれなくて、
全然綺麗に巻けません。

なにこれっ!
全然くっついてくれない!

以前作った時は
それはそれは悲惨な散らかり具合でした。

海外のスーパーの日本食コーナーに
寿司ライスなるものが売っています。
大体がコシヒカリです。
300g(約2合)で6〜7ドル(400円くらい)
海外で買う事を考えると
そんなに高くないです。

生の刺身がなくても大丈夫!

意外と生のマグロとかって無いんです。
オーストラリアが広いからかな
採れたとしても輸送中に痛むから
置いてないのかもしれません。

前に90%オフになってた生のマグロを
買ってお寿司っぽくした事ありますけど、、

外国人さんはマグロを生で食べる習慣が無いのか
レンジ加熱されてしまいました…(!!)

海外でも炊飯器ってあるの?

意外とあります。
日本の炊飯器よりも簡易的で、
スイッチが1つしかないです。
「炊飯、保温」しかないとは…

30分くらい給水させた上で、
表示の通りの水分で炊いても
硬めに仕上がりました。

まあ食べられる硬さなので
良しとしましょう。

すし酢は手に入る??

これまたびっくりなんですが、
至るスーパーに売ってます。
250mlくらいで300円くらいなので
手軽なのでこれ買ったら楽です。

手作りすし酢の作り方

すし酢は意外と自分で作れます。

材料(2合分)

  • 米酢 大さじ4(60ml)
  • 砂糖 大さじ3
  • 塩  大さじ1

電子レンジで20~30秒チンすると
砂糖が溶けやすいです。
すし酢は予め作っておいた方が
ご飯と早く混ざりやすいです。

逆にたくさん混ぜると
ご飯の粒が潰れてベチャッっと
してしまうので、程々に。

お手軽な寿司キットも。

寿司キットめっちゃ便利でした。

オーストラリアのスーパーには
手軽に寿司が作れるキットが売っていて、
私もこれを買いました。

すし酢パウダーとか、寿司ライスとか
わさびや醤油も入っているなんて
親切だなああと感心。

すだれも入って700〜800円くらい!
すだれは欲しかったので即購入。

ここからは私が実際に作ったお寿司をご紹介。
レシピも載せるのでよかったら参考までに。

ツナマヨきゅうりSUSHI

きゅうりの代わりにアボカド使ったんだけど、、良い感じに巻いてみた

材料

  • ツナ 1缶
  • マヨネーズ 大さじ2〜3くらい
  • 塩、こしょう
  • 寿司ライス 2合
  • すし酢 60cc
  • きゅうり 1/2本
  • 海苔 2~3枚

  1. ご飯を炊く
  2. ツナとマヨネーズを混ぜる
  3. 塩こしょうで味付ける
  4. きゅうりは棒状に切る
  5. ご飯とすし酢を合わせる
  6. のりにご飯を適量乗せ、巻く

巻き方は自由です。
この時はすだれを持っていなかったので、
手巻き寿司スタイルで作ってあげたら
こんなの初めてだ!と言ってましたねー

アボカドサーモン寿司&握り

材料

  • アボカド 1/2~1個
  • マヨネーズ 大さじ2~3
  • 塩こしょう 適量
  • 寿司ライス 2合
  • すし酢 60mlくらい
  • 海苔 1〜2枚

作り方

  • サーモンは何枚か薄切りにする
  • 残りは1〜1.5cm角に切る
  • アボカドも1cm角に切り、
  • マヨネーズと合わせておく。
  • ご飯とすし酢は合わせておく。
  • 握りを作ってサーモンの薄切りを載せる
  • 握りに海苔を巻き付けて軍艦を作り、アボカドサーモンを載せる

握っただけのものと、
軍艦スタイルにしたものと。
握りは本格的だと思うみたいですね。

サーモンロール

サーモンロールも紹介します。
写真撮っておくべきでした、、

材料

  • アボカド 1/2個
  • マヨネーズ 大さじ2くらい
  • サーモン(生食用)1切れ
  • 寿司ライス 2合
  • すし酢 60ml
  • 海苔 1〜2枚

作り方

  • サーモンは何枚か薄切りにする
  • 残りは1〜1.5cm角に切る
  • アボカドも1cm角に切り、
  • マヨネーズと合わせておく。
  • ラップに薄くご飯を敷き、その上に海苔を乗せて密着させる
  • アボカドサーモンを薄く広げ、巻く。
  • トップにサーモンの薄切りを乗せ、ラップを巻いてしばらく置く。
  • 包丁で切る。

最後取り分ける時に
ラップ越しに切りたかったけど、
なんだか上手くきれなかったです。
カットする時は毎度包丁をペーパーで拭くと
寿司の断面が綺麗に仕上がります。

まとめ

いかがでしたか?

意外と簡単に作れるものでも
外国の方からするととても新鮮。

是非作る機会があれば
作ってみて欲しいです!

Rebecca

1989年7月生まれ、B型。
某料理教室を退職後、世界一周の船旅へ。
帰国後は料理教室やヴィーガンフード販売、ヴィーガン社食などを手掛ける。
もっと自給自足の生活を学ぶため、オーストラリアで農業を学ぶ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です