ロットネスト島が天国すぎて油断してたらアレ盗られた

オーストラリアの西海岸、
パースの街からフェリーで30分の距離にある
「ロットネスト島」。

ここの島が美し過ぎて、オーストラリア最高!!
って感動したので、シェア致します!

ロットネスト島って??

ロットネスト島は、直訳するとネズミの島。
昔の探検家がこの島に降り立った時
ネズミのような生き物がウヨウヨいる!!
ってなってそう名付けられたんだとか、、

クオッカって名前のこの生き物、
確かにでっかいネズミっぽい。

島一周すると22kmくらいらしく、
シュノーケルポイントもたくさんあって、
幸せになれる島です。
噂ではピンクレイクもあるって聞いたけど、
島のどこでもそんな情報はなかったので、
もしかしたら今は時期じゃないのかも、、

フェリーを予約しよう

Rottonest Express のフェリー

ロットネスとまでのアクセスは多分
このロットネストエクスプレス一択。
ここから予約できます。

Googleで調べると自動翻訳してくれます。

Ferry service とExperience (体験アクティビティ)が
ありますが、まずフェリーの予約をしましょう!

結構人気の時間は早めに埋まってしまいます。

Multi Port → 行きと帰りで降りたい港が違う場合選択
One way (片道切符)
Return (往復)→ こっちを選びます。
Leaving from → 乗りたい港
Traveling to → Rottonest Island
あとは日付と人数を選択。
Promo code は割引コードだと思います。
持ってない方は飛ばして、
下の Submit を押します。

次のページに飛びます。

事前予約するとこんなにおトク。

島への入場料19ドルが勝手にプラスされて計算された金額が出てきます。

真ん中のテレソンセイバーを選日ます。
前日に予約するとここが売り切れになってます。
なので2日以上前に予約するのをオススメします。

テレソンって言うのは、なんか提携してる何かで、
テレソンとの提携がまた復活したからこの料金なんだとか、、

Theleson saver の右の欄は、どの日程でも
選べないので、無視して良いかと。


通常だと50ドルですが、
なんと30ドルで乗れちゃう!! 
島へのエントリー料19ドル分が
安くなってる計算です。

オプションで自転車も借りるべき

事前に借りても、現地で借りても値段は30ドル。(2200円くらい)
子供を乗せるトレーラーを牽引するタイプ、荷物を牽引するタイプ。
お父さんが頑張ってくれていました。。!あんな子煩悩なパパが欲しい、、!(そんな私は煩悩の塊)

島での移動手段は、島のバスか自転車です。
ただ、島全体回ると22kmあるので、結構大変。
疲れたくないなら、バスがオススメです。

私は自由度の高い自転車をレンタルしました!!

シュノーケルセットもオススメ!!

多分足のサイズです。女なら小さい方で良いでしょう。

島はどこもかしこも綺麗な海だらけです。
海が好きな方は絶対借りた方が良いです。

フェリー乗り場まで行こう

最寄り駅「フリーマントル駅」へのアクセスは3種類

  1. シャトルバス(パース中心部)
  2. フェリー(パース中心部)
  3. 電車で行く(これが一番オススメ)

パースのホテルからシャトルバスで行く

パース市内のホテルから
バスに乗せてくれるサービス。
 
今回私が滞在するホステルは
これらのホテルから離れていたので
使えませんでした。

ただ、バスで遠回りして色んな人を
乗せて行く分遠回りになります。

パースからフェリーで行く

パース市内からフェリーに乗るパターンもありますが、
長時間船に乗る分酔うので、あまりお勧めしません。

パースから電車で行く(これがオススメ)

私たちは宿から15分歩いて電車に乗り、
30分でフリーマントルまで行きました!

島は至る所が青い海。
泳がない手はありません。

予め水着を仕込んでおいて、
良さげなビーチがあったら
自転車を停めてビーチエントリーーー!

防水のカメラもあると尚よしです。
尚、潮をしっかり落とさないと、
後からダメになるので要注意!!

私は5年前の世界一周で防水カメラを
2台ダメにしています。



私は金曜日にいきましたが、
フリーマントル駅そばのマーケットにも
寄ってみたかったので、本当にラッキーでした。
マーケットについては後述します。

酔い止め必要かも、、!

さて、ちょっと早めに
フリーマントル駅に着いたので朝ごはん、、
と思ったらみんな並び出したので、急いで並ぶ、、

これがフェリーです! 2階建て。


船に入ると独特の匂いでやられてしまい、
早速酔いモード全開。

2階のデッキ席だと匂いがなくて
海風に当たれるので酔わないかも。
逆に2階の屋内は匂いがある上に
揺れもすごいので、おすすめしません、、

というのも、少し沖に出てから
すごく揺れるんです、、! 
途中配られた地図に目を通そうとしたけど
酔いが回るので無理でした、、

さあ、島につきました

島のシンボル「クオッカ」がお出迎え!!!

船を降りるとスタッフの方が
レンタル品であろう自転車を
どんどん下ろしていきます。

これ手作業で下ろすの大変すぎるやろ、、
もっとオペレーション考えようぜ。。

て言うかせっかくお金払ってるのに、
払った画面全然みてない! 
これじゃタダ乗りできちゃうじゃないか!!  
まあこの国は、人々の信用によって
成り立っているのかもしれない、、、 

レンタサイクルで島を周遊!

ぎゃーーー 何これ綺麗すぎる!!

みてくださいよこれ。
美しいいいぃぃ!!!

シュノーケルポイントで海に入る

魚がいた・・! 食べれるのかな

浮いてる船が可愛い絶景ポイント見つけました

こんなに青い!!
きゃー〜ー!!


北海道育ちであんまり綺麗な海を
みたことない私にとって
青い海って本当に絶景。


いざ入水です

海の色が綺麗すぎるーー!!

小さい魚がいました!!
綺麗。。

島のシンボル「クオッカ」に会おう

でっかいネズミの正体はワラビーの一種

いたーーーー!

個体差もあるけど、人懐っこい性格。


海辺にはあまりいなくて、
木のたくさん生えている内陸にいます。

あとご飯屋さんにもいっぱいいる、、


ここにいればご飯食べられるって
分かってるんだろうな、、、


って油断したら足元にいて なまらビビった

油断したら〇〇を盗まれた!!!

サイクリングして、お水を汲めるところを
探して戻ったら、


なんと
自転車にくくりつけていた
シュノーケルセットが無いーーー!!!



まあ、なんと。
それには来た時履いていた
白いパンツも入っていたのでした、、

帰る時下履かないで帰るとか
流石に恥ずかしい!!!w


まあ、こんなこともあろうかと
腰に巻く薄い布持ってきてたから
良いんだけど、、、


ってよく無い、、
私ズボン3枚しか持ってきて無いのに、、、

気を取り直して、、

ビール飲もう。

Swan draftって言うのを飲みました。飲みやすい。うん。

Rebecca

1989年7月生まれ、B型。
某料理教室を退職後、世界一周の船旅へ。
帰国後は料理教室やヴィーガンフード販売、ヴィーガン社食などを手掛ける。
もっと自給自足の生活を学ぶため、オーストラリアで農業を学ぶ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です